ゲーム会社で働きたい!良い求人を探すためのコツとは?

GAME DESIGNER

ゲーム会社の求人!避けるべき案件とキープすべき案件

ゲームのコントローラー

ゲーム会社の求人には良い案件と悪い案件がありますが、まず悪い案件は過酷な労働環境であるケースであり、残業時間が異様に長くなると想定されるものは避けるべきです。また、その会社の技術レベルが低い場合も注意すべきであり、この種の会社はプラットフォームの推移、技術の移行に対応できず倒産する恐れがあります。
逆にキープすべき求人というのは、定時で退勤できる会社、仕事に対して無茶な要求がされない会社でしょう。とはいえ案件によってはそれなりの仕事の要求値が設定されるため、気軽にできる仕事を未経験から始めたいという場合は、デバッカーのアルバイトから始めるのが1つの手です。
ゲーム会社は小さな会社ほど倒産のリスクが高く、ブラック企業である確率も高くなりがちなので、中堅以上を狙うのがセオリーです。ブラック企業を避けるにはゲーム会社求人専門の転職エージェントを利用することが大切であり、ハローワークや総合転職サイトよりもそちらを優先して利用するのが吉です。
もしプログラミングなど情報の扱いに自信が無い場合、デバッガー以外にもシナリオライター、営業係、事務員などの職種を選択することがゲーム業界で働く中で考えられるでしょう。